voiceTOMO Official Blog

徹夜de撮影

徹夜de撮影
c0090535_04551932.jpg
終わりの見えない午前5時🕔





生み出すというものは
どんな職種であっても
ジャンルであっても
簡単じゃないことを
思い知らされると同時に、
私と主人はまだまだ、
全然まだまだなんだということも毎度思い知らされる。



でもその先には必ず達成感があって、

その繰り返し。



この繰り返しを、
このチャンスを活かすも殺すも自分次第で、

活かすことも
殺すことも経験してきたので、
それでもこの場に今居ることができている幸せを噛みしめて、
仕事に没頭できていることは凄く光栄だ。


ただ、あまりに撮影に没頭し過ぎてしまい、
歌のレッスンの方で先日、まさかのボンミスをしてしまった。。。
生徒にご迷惑をかけ、猛省。。。

久々に。。。やらかしてしまいました。。。⤵️

ゴメン。。。ほんとゴメンよ、ディアちゃん。。。😢

次はしこたまお菓子買って行くからね。。。








今年は一気に撮影の仕事の幅を拡げるので、
その動きが活発化する。

イコール、

私のカラダは一つしか勿論無いので、音楽の動きはその分縮小される。



今は、常に人様に評価され、
スキルアップをしてゆくことを繰り返しているけれど、


私の現状の音楽でそれを味わうことは無いので、
作品を生み出してゆく撮影でそれを味わうことはとても新鮮であり、
そのプレッシャーも今はまだ楽しめている。



評価されることを楽しむ。



そのために時間を惜しまず尽くす。





リベンジと新たな挑戦が詰まった撮影を今やっていて、


眠いんだけれど、


何て刺激的で遣り甲斐のある世界なんだとのめり込んでしまう。






だからといって、
決して生徒に迷惑はかけてはいけないから今回は本当に猛省でした。





一息ついたからまた戻ります。

それでは。


# by voiceTOMO-on-ami | 2019-03-19 04:54 | phone lounge PRANDRE

誕生日の呪縛。

毎年誰にもやってくる誕生日。


私にとって、
その誕生日が小さい頃から何とも云えない気持ちになるものでした。


実は、
誕生日の呪縛が私には長年ありました(笑)。


今日はたかが誕生日、されど誕生日な話を少し長く書かせて頂きたいと思います。





物心ついた頃から、
私は祖母の誕生日は祖母から必ずプレゼントを催促されていました。
小学校の低学年の頃からです。


祖母は私からのプレゼントが気に入らなければ腹を立てていたし、
プレゼントの金額にも口を出していたし、
気に入らなくて“買い直し”なんてことをしたこともある。

今は思い出すと逆に面白く思えて笑えるんですが、
子供の頃は兎に角プレッシャーでそんな風に思うことは勿論できませんでした。




そのせいかどうかは分からないけど、
大人になってからも誕生日というのは何か、強制的にやらされているような気持ちになるというか、

誕生日を祝って欲しいとか、
プレゼントが欲しい人の言動が直ぐに目に付いてしまったり(笑)、アピールにうんざりしてしまったり(笑)、

本当は気持ちなはずなのに、
やらないといけないことの様に思えてとても苦になることが多かったんです。


実際に、
そういった祖母の影響でか、
兄も、
○○がそろそろ誕生日だからプレゼント用意しとかんといけんで。と私に言ってくることがよくありました。

何故私がプレゼントを用意しないといけないのか、全然したくない。。。でも色々言われるも嫌だと用意したり、
兄への誕生日プレゼントも祖母同様ダメ出しされたり、物が気に入らなければ喜んでは貰えなかった。

でもそれも決して兄が悪いわけではなく、
小さい頃からの環境がそうさせてしまっただけということもわかります。



わかりますが、

誕生日、
実は結構嫌いでした(笑)。






その一方で、

当たり前のことなんですけど、
気持ちを下さる人に気持ちを返すことは好きなんです。

気持ちで祝うことは大好き。
喜んでくれる顔を見ることは昔も今も変わらず好きです。


しかしながら、生徒だけでも全員を祝うことは大変なこと。

実際、全員にはできていませんが、


毎月誰かを祝うことは長年してきています。
祝わない月は私にはありません。

昔は大変だな。。。と思うことは正直ありました。


誕生日ケーキだけでも今月6回は買いに行ったなぁ。。。なんてことザラでしたしね。
ケーキ屋さんにもこの人どんだけ祝ってるんだろうと思われていたと思います。

でも、
他人と接し、生徒たちと接するだけでも、
誕生日に対して色んな形があって、スタンスがあって、
こうしないといけない。
・・・なんてものやっぱり無いよねって思えたというか、
誕生日そこまで大事にしなくてよくない?と本気で思えるようになりました(笑)。


それを思ってからは、
兄に気を使って言えなかったけれど、
誕生日を強制的に祝うこともしんどかったし、
プレゼントを渡して文句を言われることもしんどかったと伝えて、本来気持ちがあってやることが、
そうじゃなくなっていることが本当に嫌だと言うことを伝えて誕生日を祝うことをやめさせて貰いました。



正直、誕生日が特別な人は多い。
特に女性には凄く多いです。

でも、
そうじゃない人も勿論います。

いつの間にか過ぎてた。
一人で過ごしたなんて人もザラに居る。


うちの家族がというか、
祖母が誕生日に対する執着が酷かったから、うちがそんな風になっちゃったんだろうなぁーと感じてからは、



私の誕生日のスタンス、


気付けばよく会っていて、
気持ちを下さる、
言葉を下さる、
理解して下さる、
いつも助けてくれるあなたに
日頃の感謝の気持ちを面と向かって伝える日。

になりました。




ギブしたんだから、テイクしろよってスタンスじゃない関係をくれる人の生まれた日に、
今年もありがとうを直接伝えるための会です。
c0090535_05005691.jpg

そうしてからは、
一気に気が楽になり、
この誕生日を祝う時間が楽しくて幸せで仕方ないものとなりました(笑)。

いつもありがとう。
一緒に居るだけでいつも楽しいって伝える会(言葉にはしないけど(笑))です。
c0090535_05071369.jpg








c0090535_05181191.jpg


誕生日の呪縛から解き放たれたということですね(笑)。


やり過ぎない、頑張らない、無理はしない(笑)。

その時期その時代、そばに居る人にありがとうを伝える。それのみ!





誰の誕生も素晴らしく喜ばしいことです。

でもそれは人じゃなくても、
動物だって植物だって何だって誕生することは素晴らしく喜ばしい。


本当は言葉ひとつ、心ひとつ“おめでとう”でいいはずなのに、
人間とはこの世界で唯一、
欲深い生き物なんだなと感じます。


主人なんて誕生日何もしてくれないですけどね(笑)。

でも、やり過ぎ人生を生きてきた私には逆に新鮮だったんだと思います。

主人とまだ結婚する前、
付き合いたての時の誕生日に
主人から誕生日ケーキを貰ったんですが、
それが丸🎂ではなく三角🍰のケーキだったことに衝撃を覚えたことを今、思い出しました。


誕生日は絶対ホールケーキ🎂だと思っていた私には衝撃だったんですね(笑)。あれも新鮮だったなぁ。。。

今はケーキさえもないですけど(妬)。





c0090535_05223875.jpg

c0090535_05223886.jpg

c0090535_05223893.jpg






一番最近祝ったのがBOBちゃんなんですが、
BOB祝い日の私はご機嫌に酔っぱらって、
マニアックな竹中直人の歌のイントロを呪文のようにリピートして唄いまくってしまいました。。。ボブちゃんごめんなさい(笑)。







これはあくまで私のスタンスなだけです。


でもそばにいてくれる人に面と向かって感謝を年に一度伝える日があるって考えたら、それはより一層に素晴らしい日に思えませんか?

私だけ?(笑)






私のうだうだに最後までお付き合い下さり、ありがとうございました。

それでは、今日はこの辺りでおやすみなさい。

# by voiceTOMO-on-ami | 2019-03-13 04:21 | 捧げるコトバ<しあわせぼいす>

残り。。。二枠でございます。。。

こちらで詳細を伝える前に、本日Instagramでの詳細告知をさせて頂きましたところ、
光栄なことに早々にご予約を頂きまして、
残り二枠となってしまったことを、
何卒お許し下さいませ。。。
c0090535_23145535.jpg

こちらでのご予約は、
voicetomo5@yahoo.co.jp迄、
宜しくお願い致します。

尚、ご予約が重なってしまった場合は先着順とさせて頂きます。
お早めのご予約、宜しくお願い致します。


# by voiceTOMO-on-ami | 2019-03-10 23:13 | phone lounge PRANDRE


カテゴリ
LINK
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧