voiceTOMO Official Blog


voiceTOMO
by voiceTOMO

去年より寒い🐧

自身の完全趣味なインスタはファッションばかりアップしているのですが、
去年の今頃のインスタを見ると、
今より全然軽装でビックリする👀‼



去年は2月でもビックリする薄着具合だし。





今年はトップスの下にヒートテック着て、
レザー羽織って、靴下履いても今はまだ外は寒くて寒くてたまらない

深夜のマリライスタジオ練の後なんて寒すぎて外を歩くのが億劫だ




我が家の庭の小さな桜の木にはいつからか気付いてもいない花が咲いている🌸

もっともっと。。。もっとあったかくなってちょうだい✨






おばちゃんはもっと春を感じたいのよね🌸
c0090535_13105883.jpg

そんな気持ちのアラフォーボイスでございます






レッスンいってきまーす🙋
# by voiceTOMO-on-ami | 2017-03-24 13:02 | voiceお洒落紀行

寝坊のちブログ。二足、三足のわらじで歩む。

寝坊したのにブログを書いてゆく、そんな私。



急いで準備したら急ぎ過ぎて時間が余ったのだ⭕







昨日は最低月に一回は行う、“じゃけん歩”氏とのお喋り会。
c0090535_12115294.jpg

あ、私の親友で二足、、、いや三足か、、、わらじを履く女性あーさんとのお茶会ですw





長い付き合いをしてくれて、
どんな時も私の心の強い味方でいてくれて、あったかい心を私にくれる人。
それがあーさんです。







私も長い付き合いの中で少しでもそれが返せてたらいいですけども、
本当にいつも気にかけまくってくれてありがとね、ちゃま





来月から司会業と平行して、広島駅前のエールエール館の占い館にて手相家としての仕事も始めるということで、
人生予想値にしてないことがやっぱ起こるから凄いよねぇ~おもしろいよねぇ~と、今年新たなことに挑戦する二人はお互い違う世界だけれど、
二足、三足と履いたわらじで、まだまだ歩んでゆくことを誓い合ったのでございます。







途中から生徒のケーコちゃんも呼び寄せて、3人でカプチーノ☕☕☕
c0090535_12115501.jpg

私ら飽きもせずほんま仲がええんだなぁ。。。と染々思います。


年を取ると若い時よりも、
こうしていつも気兼ねなく居心地がいい仲間といることの有り難みっていうのが身に沁みますよ。


また来月だーね🙋





それにしてもカプチーノって美味しいよね❤
c0090535_12115867.jpg

毎週何杯飲んでるだろ?笑






レッスンいってきまーす

# by voiceTOMO-on-ami | 2017-03-23 11:59 | 捧げるコトバ<しあわせぼいす>

見せかけだけのドール。

そんな題名の曲を2月のサンカクムジカ前に自分が唄う用に作った。

この曲はある人のことを浮かべて作った曲。

大人が創った華やかな世界を自分で創ったものだと勘違いしたまま、
華やかな世界とは一瞬で、
残酷な時の流れの中でその世界を失い、
それを人のせいにして、
悲劇のヒロインを無意識に自分のキャラクターにしてしまい、
自分を過信したまま大人になってしまった曲。

私からしたらとても悲しい人の曲だ。

だからというか、
未来の願いを込めてエンディングのストーリーは希望を絡めた。






でも、そういった類いの人は実は多い。
この仕事をしているだけでも沢山拝見してきた。


勘違いや履き違えとは人生の大きな落とし穴だ。



“輝けるはずだった”とか“私は絶対人とは違う”とか、、、
人に羨んで貰いたい、憧れられたい、漠然と凄い人になりたい。

なんて思っている人が、
少なからず歌を唄う人間には多いのかもしれない。

勿論、音楽の世界だけじゃない。

普段の何気ない生活の中にもそんな感情が強い人が居る。




勝ち負けに昔から執着のない私には理解できないけれど、
ただ年を取って思うことは、
若い時くらいもうちょっと勝ち負けを意識して感じてみても面白かったのかもしれんなぁ~。とも思う。

でも結局、
私として生まれて育っている限り、その感情は芽生えない気がするけれどね。






人の目を気にして
勝ち負けを意識するなら、
その意識する勝負に勝たなければならない。
勝つためには必ず努力をしないといけない。
そして何よりもその努力は簡単に辞めてはいけない。
継続し続けられないと何の意味もない。

勝てるかどうかは分からない。

けれど、努力しないとそのステージにも上がれない。

人の力を使うと先は短い。
自分の力で努力すること、逃げないこと、立ち向かうこと。

勝負してもいい人間はそれが出来ること前提だ。



ただ、こういうことを思っていたり、口にする人は↓

《“輝けるはずだった”とか“私は絶対人とは違う”とか、、、
人に羨んで貰いたい、憧れられたい、漠然と凄い人になりたい。》


・・・残念ながら、なれない。何者にも。



そう人から思われる人間っていうのは見えないところで努力して、
見えないところで“自分自身に勝ってきている”
勿論、敗けた時もあるだろうけれど、その敗けをしっかり受け入れて、
反省を肥やしにして見えないところでまた勝ちにゆく。
それを勝ち負けといった勝負事にするかどうかは別だけれどね。



人とは違うやら、憧れられたいとかその類いのような気持ちで動くことは、
結果を残して歩き続けている人間には間違いなく無い。

その人にとって、
それがやりたいことかどうかなだけ。


そこに人から見た自分なんてものを想定しない。

凄くシンプルだ。





女性の方が人から羨ましがられる人っていうモノになりたいみたいなのが多いけれど、
もしかしたら、女性の方が気軽に口に出すから多いって思ってるだけかもしれないね。



でも何者かになりたいなら、
自分に負けないことだ。

何者かになりたいなら、
人を羨んだり、憧れることを一先ず辞めて自分自身をちゃんと知ることだ。
きっと人に対してそういう思いを抱いているから、
そう思われる側の人間になりたいんだろうけれど、
そんな思いに捕らわれているうちは何者にもなれない、自分の良さにも気付けない。


そしてまた、
もし華やかな過去がある人間であれば、
それを過去だとしっかり認めること。


自分と今の現実とちゃんと向き合って理解した上で努力してみると、
色んなことが見えてくるんじゃかいかなって私は思います。


葛藤は全てにおいて美しいわけじゃないけれど、
努力とはどんなものも美しいんですよ。










見せかけだけのドール
作詞・作曲 voiceTOMO

冴えない日々に飽き飽きしちゃう‥‥そう思ってた
不変の定番ってものになりたくて
そんなあなたを羨んだ
不変なあなたは私に言ったわ
「思い描いているのなら、口に出さなきゃダメなの。」って、
自信に満ちた瞳で

負けたくないって
“私だって輝けるわ”
‥‥そう呟いたら
溜め息まじりに
「キミは見せかけだけのドールね」って
その言葉否定もできない

間違った日々
気付けばそこに残っていたのは
くだらないプライド
見せかけだけのドール



思い出したの
あの日の私にもあなたのような
澄んだ瞳で明日を描いて
新しい風に思い馳せて
戸惑いさえも楽しんでたわ


何を犠牲にしてきた?
不器用にうれついた私の辿り着く場所をまだ探したい‥‥‥


間違った日々
気付けばそこに残っていたのは
くだらない私だった

見せかけの日々
くだらないプライド
手放す時がきたの

サヨナラ声も出せない
見せかけだけのドール

揺るぎない明日を迎えにゆくの



‥‥見せかけだけのドール‥‥バイバイ、サヨナラドール‥‥








それでは今日は友達とこれからランチなので、
この辺りでバイバーイです
c0090535_11205879.jpg

# by voiceTOMO-on-ami | 2017-03-22 10:26 | 捧げるコトバ<しあわせぼいす>


カテゴリ
LINK
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧