voiceTOMO Official Blog


voiceTOMO
by voiceTOMO

可愛い生徒さん二人の初STAGE

c0090535_12351820.jpg

昨日、
voiceTOMOの生徒さんのカナチャンとヒサキ
(写真左カナチャン・右ヒサキ)
が、毎年ランページが主催する野外のイベントに今年初めて出演致しました♪

初舞台とあって何週間も前からかなりキンチョーしていた二人。笑


レッスンでも、こんなに練習したことないくらい頑張っておりました☆


よし、よし☆いい子だ!
(゜。゜)\(^∨^)



私としては、
キンチョーして頭真っ白になりながらも、舞台に立ちお客さんの前で歌わせてもらうことに意味があり、
歌を通して音楽をもっと身近に感じたり、
他の出演者のステージを観させてもらったり、
イベントを通じて様々な出会いをしたり、
色んな事を吸収してもらいたい気持ちが強いです。


だから今回、
オファーの電話をした時に、ヒサキに


「せんせ~い!こんなの出して先生は恥ずかしくないんですか?」


と聞かれ、
TOMOは爆笑でした。

いや~、可愛いなぁ~と思って。


私は
「あたしが出る訳じゃあないから、恥ずかしい訳ないじゃん。」と、無責任な返答をしました。


だけど、
どちらにしろ恥ずかしい訳がありません。



出たいです!


と嬉しそうに返答した彼女の言葉を聞いた時点で、
出す意味があり、
恥じる理由がありません。

練習の成果が出せなくても、
しくじったとしても、

お客さんがもし少なかったとしても、


場を踏んでゆくこと、人前で歌いたいという気持ちが大切だと私は思います。

舞台の上で、喜びや反省を繰り返し、学び、積み重ねてゆけばいいと思います。



私の大好きな生徒さんです。私には誇りです。


勿論、舞台に立つ事を簡単に思う事はよろしくありません。
ですが、うちの生徒さん方の中に簡単に思っている人もいません。

逆に、
私なんかが出てもいいのか?と躊躇する生徒さんは沢山います。

でも、それでは前には進めません。
舞台を踏む事自体がプラスであり、マイナスになることはまずありません。

自分に自信をつけるため、自分らしさを見つけるためでもいいです。

理由なんて何でもいいです。歌いたいという気持ちが大切。



例えば、
実際ステージ上で歌うことになりました。
ステージに立つ前、
あれだけどうしよう。。。と思い悩み不安にかられた事が、いざ歌ってしまうと馬鹿らしくなります。

なんであんなに悩んでたんだろう??


って事になるのが、うちの生徒さんは過去を振り返ると9 9%です。

ほぼ
な訳です。

場を一つ一つ踏む度に課題ができていいんです。それは着実に自信へと繋がります。

私も場数を踏む事で沢山の事を学んできました。これは誰にでも言える事。
踏み出す勇気が必要なだけ。




と長々と綴ったところで

さぁ、


かなり不安がっていたカナチャンとヒサキの初舞台はどうだったでしょう?


歌い終わりメールがカナチャンから送られて来ました。






『歌は楽しめましたぁ~笑』







ん?


歌は?




はってなんなんだ?




歌は楽しめたけど何が楽しめなかったんだ??





〔は〕の理由がありました。


ラップの
リリックが一瞬とんでしまったそうです。




ふーーーん。。。






舞台一発目から楽しむなんて
なかなかの根性です☆


反省は次へのSTEP UPです☆☆☆



二人とも、お疲れ様♪
また楽しくレッスンしましょ♪




そして、
ランページたかしくん、
スタッフの皆さん、
お世話になりました。
_(._.)_
by voiceTOMO-on-ami | 2007-05-21 12:35 | voice na lesson
<< YUMI...*ダイアモンド* 携帯を壊してしまいました。。。 >>


カテゴリ
LINK
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧