voiceTOMO Official Blog


voiceTOMO
by voiceTOMO

まじめなお話です。

先ずはこちらをお読み下さい。

c0090535_13452344.jpg
c0090535_13452715.jpg
c0090535_13453009.jpg








東京の弊社スタッフ達と私は、
彼女達の音楽は勿論ですが、
彼女達の生活もプライバシーも守っていかなければいけません。


SNS等マリライメンバーへの個人的なメッセージは、うちは禁止していますので、
ダイレクトメール等、マリライメンバーに関しては
全てスタッフと私で管理しています。

お断りしているにも関わらず、
メッセージがなくなることがないので
この度再度お知らせさせて頂きました。

それでも今まではスタッフ一同とメンバーで管理といった形にしておりましたが、
本人達の心の負担などを考慮し、
今後は個人的なメッセージを送られても本人達が目を通すことはございません。
メッセージ等ございましたら
上記に記載しております窓口となっておりますアドレスの方に、ご連絡を頂けますよう宜しくお願い致します。






気持ちを下さる方には気持ちで返していきたい。

メンバーにはそういった想いが皆にあります。


ですが、

誰か特定の方を無条件で
“特別”とすることはできません。





今年は私もライブに足を運んで下さるお客さんとの距離感というものを沢山勉強させて頂きました。

良くして下さる方のご厚意というのはとても嬉しく、
一歩前に出たお付き合いというものもしたくなるんです。
お気持ちを頂けることが凄く嬉しいものですから。



ですが、
それが他のお客さんとの“差”となり、
その違いを気にされるお客さんもいらっしゃれば、
その違いがステイタスとなってしまう場合もあります。
一度ステイタスのように感じてしまうと、特別に扱って貰わないと腹が立ってしまわれたり、
音楽やライブとは別物となって、こちらに気軽に宗教勧誘等、色んな誘いが来るようになってしまった。。。


。。。などといったことが残念ながらあります。




そしてそれをお断りすると、

ライブにあれだけ行ってあげてるのに。

と、腹が立たれるのだと思います。



求められると困ります。
勧誘された日にはこちらも悲しいです。


私達にも生活があり、
人権というものがあります。



私だってカズチカに特別な扱いされたら嬉しいし、
c0090535_13453213.jpg




博之さんに特別扱いされたら発狂です。(まじめなお話です。)
c0090535_13453469.jpg








ですが、
アーティストという線引きを強引に潜り抜けようとする行為はやってはいけないことです。

ファミリー、ファン、とされる方がする行為では間違いなくありません。




お客さんがアーティストへの気持ちが離れることがあるように、
アーティストの気持ちというものが離れることもあるんです。


だって、
同じ人間じゃないですか。

音楽じゃないことで求められることは辛いんです。



その一線というのは
そのアーティストの音楽を愛しているのか、
そうではなく、
それ以上の関係を求め続けるのか、
この二つで大きく異なってきます。






こんな話を聞きたことがあります。

「路上で歌っていた人間が、
ライブでお金を取って歌いだした。
えらくなったもんだ。
お金を取り出した時点でもうファンやめたわ。」




「今まではいつも近くで会えて、フレンドリーにしてたのに、少し売れ出したら話もできなくなった。偉くなったもんだわ。」



こんなことは昔からよく聞きます。



「チケット代が高い。金儲けにはしってんじゃない?
その金額出すならそれで食べたいもの食べにいくわ。」


「お金持ちではないから
節約してお金はやりくりしないといけない。
だから、大切なお金を出してまで君達のライブに行くってことだからね。」


そのような場合、
気分が宜しくない場合は、
そのアーティストのライブには行かないことです。
行かないことをオススメ致します。






アーティストが裕福な生活をしてはいけませんか?
音楽で生活してはいけないのでしょうか?
苦労して売れないところがいいのでしょうか?

大きなアーティストになるために皆、頑張ってるんです。
音楽を生活に変えられるように皆頑張ってるんです。

イベントを主催する人間は、
少しでも納得のゆくイベントにするために試行錯誤挑戦しているんです。



アーティスト側、イベント等を主催する側の下準備等、土台のお話をするつもりはありません。




ですが、
シンプルに

嫌ならライブには行かない。


これに限ります。


不満を抱えながらなんて
行くべきではありません。


ましてや
特別な扱いをされるため、
恩を売るためなんてことが万が一あれば、
それはアーティストに失礼です。

彼、彼女達は
音楽に懸命であり、
音楽で食べていく身なんです。

食べていかなければなりません。
何故なら覚悟を決めて、その道を選んだからです。

音楽の世界を貫く人間に、
音楽以上を求めることはしないであげて下さい。

アーティストの感性、音楽を愛してあげて下さい。





それが嫌なら、
当然のことですが誰も責めません。
何度も書きますがライブには行かないことです。


お金を払って無理をすることは無いんです。








私はなんと言われても構いません。
そんな気持ちで今、ここに書いています。


ただ、私はマリライを
彼女達を
彼女達の音楽と、
彼女達の生活とプライバシーを守らなければいけない立場です。


彼女達は、
生徒達は私の宝なんです。

傷付けることは断じて許しません。


マリライメンバーや生徒達が悪いことをすれば
しっかり私がお仕置きしておりますので、
密に連絡を取ろうとしたり、
プライベートに関わろうとしたり、
特別な扱いを望むことは辞めて下さい。



ご了承の程、
何卒宜しくお願い致します。





そして
全てのご恩は音楽で返せるように一同力を合わせて精進してゆきます。

音楽を愛して頂けることが何よりの幸せ。
そのために音楽を彼女達はこれからも頑張ってゆきます。


トリコ ボン メソッド
ボイストモ

by voiceTOMO-on-ami | 2017-11-28 12:53 | Torico bon method
<< 漸く完成✨ 奇跡の男。 >>


カテゴリ
LINK
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧