voiceTOMO Official Blog


voiceTOMO
by voiceTOMO

若干、母に言い辛し。

皆さま、今日も一日ごくろうさまでした、ボイストモです。
c0090535_03221012.jpg

歌って動いてモリモリ食べて、夜になると疲れも毎度の如く訪れて、
私の一日が今日も無事に終わりました。







そして、
日取りは確定しておりませんが、
無事にお引っ越しをすることが決まったんですよ。
急いで引っ越すつもりはないから仕事の合間にチョビリチョビリとお引っ越ししたいと思います🚚



今、母とゆっくり話をするタイミングがなくて、
まだ引っ越しすることを母に話しておりません。




今住んでいる借家は、母がもともと見付けてきて、
私と主人も気に入ったのだけど、母の希望が大いにあって決めた物件。



次の物件は実家から遠くなってしまうため、
娘が大好きな母親のことを思うとちょっぴり言い辛く、
気を使う母は今の家でも遊びに来ないのに、遠くなると余計来れなくなっちゃうだろうなぁ。。。と申し訳ない気持ちもあるのだけれど、
泊まりに来れる程の広さはあるから、頻繁に来たらいいよと伝えたいと思います。




私の母は私のやることに一度も反対をしたことがありません。
38年間一度もです。

甘やかされて育ったと私は思っていますが、
勉強しなさいと口煩く言われたこともなければ、
門限があったこともなければ、
遊びに関してキツく言われることもなければ、
家を出て暮らすことを反対されたことも、
付き合う彼氏を反対されたことも一度もありません。




だから
門限があったり、
大人になっても一人暮らしをさせて貰えない人もいたり、
男性も女性も頻繁に親御さんから連絡がある人を見て、自分との違いによく驚いたもんです。
うちの主人に対しても昔は衝撃の嵐でしたもの。


何が正解という訳ではないから、
お家によってこんなにも違うもんなんだと驚いたりしてましたが、
私の場合は、束縛のない親でいてくれたからこそ、
私の意思を尊重し続けてくれた母を想う気持ちが強いんだと私は思っています。








18だったか19歳だったか、、、
いつの時も自由にさせてくれていることを良いことに、
実家に何日間も帰っていなかったら、深夜に母から電話が鬼のように鳴り続け、

。。。とうとう、あの優しい天然な母親も堪忍袋の緒が切れたんだ。。。


と、恐ろしくなり断固として鳴り続ける電話に出なかったら、
母から留守電が入っている。。。


恐る恐るその留守電を聞いてみると、

「ともちゃんー!!今どこおるー?家じゃないよねぇ?まさかお風呂におったりせんよねぇー?今ね、家が火事でーす!でもねー、大丈夫よー!」

と、元気ハツラツな声が録音されている。







父のバースデーに家が燃える🏠🔥





という貴重な経験を昔話したんですが(笑)、



三階は丸焦げの半焼で、
でも、
その時も母は憔悴することもなく、懐中電灯片手に水浸しの家を掃除して、
朝からバケツまみれ(雨漏り用に)のお店で元気に営業していましたし、
「ともちゃん、次の休み新しいキッチン見に行こうや!」
と、寧ろ張り切っているくらいでした。

睡眠をとらず火事のその日も働いていたんです。




   



とうとう怒らせてしまった!!。。。と唯一思ったあの日でさえ、
母は怒ってなどいなかった。






そんなタフで天然で心の強い母、
愛情を持って自由をくれる母に親孝行をするためにも、
もうちょっと、もうちょっと頑張らせて貰おうと思っています。





だからゆりちゃん、
元気に長生きしてちょうだいませね。
c0090535_03221661.jpg

明日タイミングみて話そっと。




それでは、おやすみなさい🌛

by voiceTOMO-on-ami | 2017-09-08 01:11 | 捧げるコトバ<しあわせぼいす>
<< 遅くなりましたが、 結婚すると女は強くなると言いますが。 >>


カテゴリ
LINK
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧