voiceTOMO Official Blog


voiceTOMO
by voiceTOMO

生徒と私の羽ばたく日に。

私のボイトレ教室。

自分の教室へ足を自ら運んでくれる生徒さんが大半だけど、
音楽事務所やレーベルさんサイドからアーティストのレッスンをご依頼されることもある。


形は様々で、
いつものレッスンルームな時もあれば、貸しスタジオや依頼された場所に出向くこともある。


発声練習や歌の練習をするときもあれば、
ステージングや振り付け、MC指導をするときもあれば、
楽曲製作をしたり、
認知症予防の体操をしながら歌ったり。。。

私にできることであれば何だってする。
演歌も作ればRAPもつくる。







“出会いと別れは当たり前に誰しもやってくるけんね。
でも、ともさんとの出会いは無駄にしたくないって思うような
そんな人なんよ、あなたは。”


かなり年下の態度はビッグな(笑)、
でも己の信念を明確に持ち、どこまでも貫ける私の生徒が口にしてくれた。




「おうおうおう、言うたけんのー。ほんならもうちょっとセンセーの言うこと聞いて貰おうかのぉーーー!」


なんて、返したけど、
私は生徒たちに需要のある人間で居続けることが私として私らしく生きてゆく一つのキーワードだと感じているので、
そう言って貰えることはとても有難いし、嬉しい。



そして今、在籍してくれている生徒たちは一人残らずそう思わせてくれる人ばかりだ。

趣味だろうがプロ志向だろうがそんなことはそこには関係ない。

音楽だけじゃない。
何に対してもちゃんと向き合える人達。

そんな私と生徒達の世界はとても小さいのだけど、でもその小さな音楽から繋がった世界は凄くあったかくてホント幸せに包まれているように思う。

そんな世界を失敗を何度も繰り返しながらも、16年かけて創れたことかまた幸せだ。






ただ、勿論のこと、
その小さな世界には大きく羽ばたこうとするプロ志向と名のつく生徒達がいる。

私が手塩にかけて育ててきたそんな生徒を、
私は自分の鳥籠の中にずっと入れておくなんてことは先ずしない。
c0090535_12540381.jpg

才能あるものは世に出るべき。
それが伝わらないことがこの仕事に携わってから何度かあった。


私が育ててきたものは私の所有物ではなく、
私は親のような役割で土台を作って力量を上げて、精神力や忍耐力、人間力を身に付けて武器を備えて、
世に出る支度をしてあげる役割、それがプロ志向の生徒に私がすることだ。


そしてそんな子達の心のメンテナンスは私の元を離れようが本人達が望むならば、私はいつでもさせてもらいますよっていう役割だ。



生徒達はそれをよく理解してくれているけれど、
外の世界はそうはいかないことが沢山あった。



それは私だけじゃなく、
沢山の生徒や元生徒達も経験してきた。 

利用できるうちに利用して、
お金の臭いがすれば飛び付き、恩を売り、要らなくなれば誰ですか?と云わんばかりにゴミのようにポイと棄てる。



それはとても苦い経験だけれど、
けれどモノは考えようで、そんな経験がどれだけ根性をつけてくれることか、
その根性でどれだけ土台を作ってくれたか、
どれだけのことを乗り越えさせてくれたか。。。
どれ程にも自分自身を強くしてくれた。
少なくとも私はそう思っている。



結局は人のせいとか自分のせいとかじゃなくて、
その出来事一つ一つで己の思い描く自分へ、自分自身で変えてゆきなさいってことだと私はそういった経験をする度に思うようになった。
そして変えてきたし、これからも変えてゆく気でいる。



そんなことを踏まえて、
私は少し、いや結構なこと今までと視点を変えてみることにした。

今なら思い描くものを創れそうだ。
一生懸命努力して今居てくれる人達を大切にして日々精進すれば形になる。
いや、形にする。








努力ってもんは泥水浴びせられようが、砂利の上這いつくばろうがどんなものも美しい。


努力の上に生徒と私の羽ばたく日は、
それはそれはどこまでもまっこと綺麗な青空になることでしょう。
間違いない⭕







よっし!来月は気合いの東京が待っとるぞーーっ166.png


今日もレッスンいってきまーす169.png
by voiceTOMO-on-ami | 2017-04-07 12:25 | 捧げるコトバ<しあわせぼいす>
<< 喜ばしくも嬉しいのであります。 スイッチを入れなければ。 >>


カテゴリ
LINK
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧