voiceTOMO Official Blog


voiceTOMO
by voiceTOMO

帰る場所があるという尊さ。

若いときには気付けない人がきっと多い。


いつでも帰れる場所があることが、
c0090535_03032230.jpg



いつでも笑顔を向けてくれる人達がいることが、
c0090535_03032687.jpg

どれだけ有り難くて尊いことなのか。






この喜びは、
実は誰にでも感じられることではない。



失って気付いた人を私は沢山見てきた。

そしてそれがもう遅くて取り返しがつかなくなってしまった人も、
戻りたくても戻れない場所になって後悔だけが残ってる人も、
非を認めることができず葛藤を繰り返す人も、
自分が良ければいいと思っていた人、
私は沢山見てきた。



そして
身ぐるみはがせば皆同じな人間。
私が上だとか下だとかそんなどうでもいいことではなく、
私自身が実に心が狭い人間なので、
誠実さを感じることがない過ちに対して寛大ではない。
寛大とはいかないけど、
悔いがあるならその悔いを次に必ず生かして下さい。
また出逢うことができる大切な人のために。
二度と繰り返さないように。
そう思って違う明日を進んでいます。








そして、
実に心の狭いそんな私にでも帰る場所が無くなることはありません。
何故なら、私は人の有り難みを深く知り得ているからです。
奉仕の心を忘れることはないからです。
私はどんな時も一人では生きてゆけないし、
生きていきたくない。


いつでも帰って来てよと言って貰える、あたたかい光が灯る家が沢山あるのです。


決してそのあたたかい光は永遠のものではありません。

いつ消えてしまうか分からないけれど、
それを永遠にするか消してしまうかも自分次第。






後悔がある方。

それは変われるチャンスだということです。

でもそれは自分次第。

そこに自分以外の人間は関係のない話です。

だから、若い子ちゃんも若さゆえとしても人のせいにはしてはいけない。















ここにもほら、それは当たり前のように笑顔があって、
c0090535_03033155.jpg



愛する人達との未来が続いているんです。
c0090535_03033597.jpg







それを知らないなんて人生は、かなり損してる。


知るべきは自分を愛する前に人を愛すことだ。
c0090535_03034117.jpg

私の必ず通るべき道にはこうして愛する生徒たちが当たり前のように寄り添ってくれている。

それは当たり前じゃない。だからこれからも大切に生きてゆくんです、私にとっては当たり前に。

当たり前ができなくなることがもし訪れてしまったとしたら、
それは私が人として腐ってしまった時だろう。


でも腐ることもしない。絶対しない。
だって私の人生、決して私一人のものじゃないから。





そんな気持ちもっともっと大切にして突き進む2017年だ。
by voiceTOMO-on-ami | 2017-01-14 02:49 | 捧げるコトバ<しあわせぼいす>
<< 私の大切な人達をぉぉ。。 生徒の舞台。 >>


カテゴリ
LINK
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧