voiceTOMO Official Blog


voiceTOMO
by voiceTOMO

ワタシにもキョーレツに苦手な分野がある。

一見なんでもこなしてそうに見られがちなワタシですが、
実はキョーレツに、
キョーーーーーーレツに苦手なことがある。


それは、





お菓子作りと実りない女性の恋愛話だ。










目分量じゃできないお菓子作りと、
実りのない女性の恋愛話はワタシにとって同じ。



テキトーじゃダメなんだ。
そこに理由がなきゃダメなんだよ。


明確に
こうすれば必ず結果はこうなる!
っていうのがなきゃダメなの。




それがどうもワタシは苦手。



キッチリやらないとできない。

でもキッチリやったつもりなのになんで成功しない?!なんてこともある。


あっ、苦手なのは器用じゃないのが勿論大前提にあるんだけども。


でも、
100%ではないにしろ、大体の結果が分かるなんて、そんなもんはワタシにはつまんなく思えてしまう。












ワタシの料理は全て完全目分量。
c0090535_04431041.jpg

白ワインで蒸らしたらどうなるかなぁ。。。?

とかさ、

そこにたまごは生クリームで溶いてバターの風味だしたら、
ちょっと洋風親子丼、うまいんじゃないのー??

とか、考えながら012.gifその時のノリで作る料理は面白くて、
そしてそれが美味しかった時の幸福感はたまんない。






料理を食べればその人がどんな人か分かる。

そして、恋愛の仕方を見ればその人の性質がよく分かる。



ワタシはそう思ってる。






そして、
ワタシのキョーレツに苦手な分野でのワタシの使えなさといったら一級品だ◎







女性の失恋話からワタシは逃げる体勢に入る。


瞬時にギブアップの旗を掲げ、
ワタシが役立たずということを相手に理解して貰う。




ワタシは女じゃないから分からない。

とか、平気で言う。



だから、
女友達に慰めてもらうをオススメするよと言うのです。



それくらい苦手。






あの時ああしとけば良かった。

とか、

なんであの時あんなことしてきたの?

とか、

どうしても忘れられない。

とか、

諦めきれない。

とか、

そういうの全て否定してしまい、

全く女性の味方に結果なっていない。







仕方ないじゃん。ダメはものはダメなんよ。

・・・なんて発言に“サイテー ”のレッテルを貼られてしまうのは致し方ない。










あの時あーしとけば良かったなんて、“あの時”は2度とやってこないのに言ったって仕方ないとか、



なんであの時あんなことしてきたの?って、そんときの気分がそんな気分だったんじゃない?
とか思ってしまうし、



どうしても忘れられない。。。って、頼むけん忘れてあげんさい。と、思ってしまったり、



諦められない。。。なんて、自分のことばっかりで相手のこと考えてない人が言うやつじゃんよ、相手のことを思ってそこは諦めてあげんさいよ。。。とかね、




思うだけならまだしも言ってしまったりするわけです。。。





すると結論、
“ともさんには分からない”“ともさんは強いから”“ともさんはこんな経験したことないですもんね”
的な感じに行き着くわけです。






“挫折を知らない女ボイストモ”という架空の女を完成させてくれるわけです。










例えば、
ワタシは交際相手が好きでも別れられる人間で、

それが強いと言われれば、端から見たら強いのかもしれないけど、
ワタシとしては強い弱いじゃなくて、
愛情があるからこそ、相手の幸せのためならワタシはどれだけ好きでも別れることに“意味があるなら”辛くても別れられるってこと。




必ずしも一緒に居ることが全てじゃない、
付き合う相手によっては足を引っ張ることだってあるんですよ。








痛みは必ず時間というものが癒してくれる。



自分が辛いっていうだけで、 自分を正当化して人を責めたりする女性はワタシは苦手です。


相手だって辛いかもしれないじゃないか。






そして、恋愛をリードできないことには必ず理由があるけど、
それがお菓子作りみたいに明確じゃないと女性って納得しない人が多いじゃないですか。



でも、
それはこうなんじゃない?
こうだと思うよ?

なんて言ったって、
そこが欲しいわけじゃない女性が多すぎて、
結局傷を舐めないと納得できないわけですから、
ワタシの出番はないと思うのです。



だけどもそういった女性恋愛相談は後をたちません。













女性って複雑だわ。
今日はなんか書きたくなりました。








それでは、
おやすみなさい072.gif
by voiceTOMO-on-ami | 2016-10-23 04:13 | 捧げるコトバ<しあわせぼいす>
<< そして、私はあなたに救われる。 さよなら円樂さん。 >>


カテゴリ
LINK
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧