voiceTOMO Official Blog


voiceTOMO
by voiceTOMO

自分の発言に責任を持て。辞めることもできない人。

将来を考えて一区切りしたい。

自分のためだけに生きることには限界がある。

オレはもっと輝ける!ここで終わるはずの男じゃない。







散々に色んな言葉を口にし、

人の陰口ばかり叩いては、その陰口の相手たちには愛想を振り撒き、
自分を正当化し、
人を悪者にして、結局誰からも信頼を得られない。

人の前では格好をつけて、
散々オレこそがMR.正論だといわんばかりの言葉を撒き散らしながら、
行動の伴わない日々に色なく生きている人の話を生徒から聞きました。







とても悲しい気分になり、
とても可哀想になりました。



常に人より上か下かを気にしながら、
自分より下だとか優劣を付け、オレはコイツよりはマシだと少し安堵する。
そんな可哀想ないい年の大人の話。



格好を付けて無理していることに周りは気付いているのに、
当の本人は格好良く決まっていると思い込んでいる。


……それはそれは、にがぁ~い気持ちになります。
















努力の中、葛藤と共に一生懸命今を生き、
嘘なく人を大切にできる人とは愛しくも美しいです。


そんな人がワタシの周りには今、驚くほど沢山います。
ほんと、驚くほどに。






切なくも可哀想だと思う人が今、ワタシの周りには居ないからこそ、
そういった話を聞くと、昔はそんな生徒もそういや居たっちゃ居たなぁ~。。。
でもそういう人は結局必然的に目の前から居なくなる。
。。。そんな風に、なんとも言えないモヤモヤ~っとした気持ちになる。









物事には何にでも始まりがあり、終わりがある。

そして始める決断同様に、
終わる決断を自分でしたならば、
また次への始まりに向かって本来は進むべきであろうに、
自分で格好を付けて終わらせたものを振り返りまた繰り返す人の気持ちがワタシには全く分かりません。
そして、ワタシならそんな格好の悪いこと絶対にしない。

次の世界に潔く進むでしょう。




昔を持ち出すこともまた人のせいにしながら、過去に囚われる人に魅力なんてない。


そんな人との付き合いをどうしたらいいかと相談されたワタシは、
「思うようにしたらいいんじゃない?」と口にした。
というか、そうとしか口にできなかった。



結局はそんな人と付き合うかどうか、どういった関係でいるかの答えは、
自分で出すべきだから、ワタシにはその言葉しか持ち合わせていなかったんです。



でもお互い向上できたりする関係で居たいと思います。本来はね。











ただワタシみたいな者でも言えることは、
自分の発言にはちゃんと責任を持つこと。


自分の人生を人のせいにしないこと。


魅力のある人間になりたいなら、
上っ面で計算高く生きないことだ。





それは人生も音楽も同じだと思いました。










葛藤の中でも、人を大切に自分自身の努力を怠らない人々の人間の絆というのは恐ろしく頑丈である。
c0090535_04151954.jpg

恐ろしく最強である◎








自分に負けるな!!


こんなちっぽけぇ~なワタシに言えることはそれだけです。





おやすみなさい072.gif
by voiceTOMO-on-ami | 2016-09-15 03:45 | 捧げるコトバ<しあわせぼいす>
<< とんでもないことがおきまして。 クタクタ~幸せな疲労感だこと。 >>


カテゴリ
LINK
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧