voiceTOMO Official Blog


voiceTOMO
by voiceTOMO

38.3℃のグルメ・其の壱。

母は凄し。

母は強し。






……いつの時も思っておりますが、





うちの母は天然で、

いつも本気で冗談でしょ?と思わすことを発言したり、行動したりするんだけど、


でも土壇場になると天然は何処へやら、
誰よりも常識的で
誰よりも強い言葉の力を持っていて、
いつもはのんびりと人の輪というものを大切に乱すことを嫌うけれど、
言わないといけない場面に遭遇したり、
それは失礼だろうと感じる言葉に対しては、
相手にハッキリ伝えることのできる人です。


いつも見ることはない、
譲れない気持ちや大切な人を傷付けるような発言や行動をされた時にだけ、
母は誰よりも強い心と発言で大切な人を守り抜きます。



そういうとこ、
凄い尊敬するんだけど、






実はワタクシ、
前回のブログを書いたあと、
生徒みなみとラインのキャッチボールしてたら睡魔が襲ってきたもんで、
寝たんですけども、

目が覚めると、
悪寒がワタクシに襲いかかり、
兎に角身体全体がダルい。。。いやぁ、、、ダルい。。。。


これはオカシイ……絶対。。。


体温計ではかってみると、、、、38.3℃と、、、数字が。。。ワタクシに熱が確実にあることを、前日より上がっていることを知らせるわけです。






ひょぇぇえ~~っ!!!と思いながら、
レッスンぎりぎりまで寝る。




喉にはきてないし、咳も出ない。


身体が兎に角ダル重なだけ…………マスク付けて…………レッスン…………できる066.gif


とみなしたワタクシは、
レッスンへの意気込みは起こるんだけど、

料理を作る余力は残らないと察する。




夜ごはんは作れないからと思い、母におねだりの電話をした。

おねだりなんて何年もしていない。


「もしもし、ちょっと体調悪くて熱はかってみたらさぁ、38.3℃あってさ、
今日夜ごはん作れそうじゃないけん、今日の夜ごはん、アタシとマオ(主人)のも作ってくれん?」

ワタクシはそう母にねだりの電話を入れたのでした。




すると母は言いました。

「ぇえーーー……今日は犬のことであーだこーだあって色々せんといけんし、帳面も付けんといけんけん、夜ごはんは作れんよー。。。。あっ!じゃあ3人で食べに行こーっ!!」





…………えっ…………





……今、なんて言いました……???





衝撃なんですけど………。。。







聞いてた?

ワタシ、38.3℃熱があるって言ったんだよ?



作る気力がないのに、

食べに出る気力なんてあるわけないじゃないか……?!







。。。。そう突っ込みたいけど、

体調悪すぎて、突っ込む気力がもうわかないのよ、ゆりちゃん。。。076.gif






「は……はぁ…………まぁ、あとレッスンなんで、レッスンの後に話しよう。」
ワタクシはそんな言葉を母ゆりちゃんに返し、電話を切ったのでした。






因みにそんな日の昼ごはんは朝ごはんも兼ねて、
ダノンビオのバニラ味。



そう、ヨーグルト。



大食いのワタクシがヨーグルト。

食欲さえも奪い去る38.3℃。






鏡で顔を見るとスッピン貧相な顔に更に輪をかけて、顔色が悪い……。

一先ず、薬を飲むために何かお腹に入れないと!と思い食べたダノンビオ。







蓋を開けるとこんな文字が。。。↓
c0090535_03050558.jpg

う。。。嘘っぱちやぁ。。。馬鹿にしてるよぉ~~りゅうちゃんママ、ワタシのスッピン馬鹿にしてる~~涙。



思わずヨーグルトの蓋に突っ込みを入れますよ、そりゃ076.gif







つづく……040.gif

by voiceTOMO-on-ami | 2016-01-25 02:35 | voice偉大なる食文化
<< 38.3℃のグルメ・其の弐。 寒さとPM2.5。 >>


カテゴリ
LINK
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧