voiceTOMO Official Blog


voiceTOMO
by voiceTOMO

本音と建前と愛情と薄情。

今日はワタシの大切な人のお誕生日067.gif
しかもお二人も居るんです、このはさん&沖元歩ことあーちゃま053.gif

一先ず、お二人さんお誕生日おめでとうございます好きですっ010.gif好きです好きですっ笑!










さぁ、
今週末と迫って参りました、原田侑子ワンマンライブ!


今日は最終的打ち合わせを侑子お嬢さんとしつつ、
家でランチして、
ボイストレーニングもしっかりして、
ライブの練習もして、
衣装選びをしていました。
c0090535_1421341.jpg







新しい音源、皆さまより少しだけ早く手にし、
原田侑子とのこの1年を思い返しながら聴いていると何だか目頭が熱くなりました。


去年の今頃は沈んでいた侑子ちゃんをナニクソとワタシは引っ張っていた。
……そんなことを思い出したりして、
もう1年が経つという現実に時の流れの早さを感じずにはいられません。



フリーになってまだ1年経たない彼女ですが、
1年経たずして、既に成果を上げている現実にもワタシは驚き、
“成せばなる”ではなく、“絶対成す”精神を持つ彼女の強さ、成長の著しさを又、感じずにはいられないわけです。



今だから話せることが沢山あるので、
少しだけ、今日は書かせて下さい。



ワタシと彼女の絆の深さは私達を知る人はよくご存じかと思います。
こんなこと先生という立場で言うのは可笑しいですけど、私達は凄く仲良しです。
昔から変わることなく。

侑子ちゃんと出逢い、
重ねてきた日々はメティスのように愛情を注がせて貰える生徒ができた喜びの1つであり、幸せの1つだと感じてきました。

けれど、
ワタシは原田侑子には実は沢山説教してきた。

それは違う!と断言したこともあるし、
泣かせてもきました。

ワタシが言う大半のことは理解し、着いてきてくれて、慕ってくれた彼女にも、
いつだったかな……笑、
ワタシの言葉が響かない事がありました。

どうしたら今の彼女の心を救い、導けるだろう……。。。そんな事を思い悩み、悲しんだこともありました。

今の彼女にワタシの本心が響かないのは、
ワタシの度量が足りないからだと分かっていながらも、
暗闇をもがく彼女を救えずにいたんだなと……振り返ってみると……思います。



彼女は嘘が大嫌いです。
お世辞とか、世間体も……そんなもの、彼女には必要がない。
彼女は誰よりも純粋で真っ直ぐな歌い手です。


そんなとこがワタシと共通するところで(ワタシは全く純粋じゃないですが 笑)、
だからこそ絆を紡ぎ、二人三脚の様にやってきたことが沢山ありました。


そんな彼女にどうやっても想いが伝わらず、彼女の気持ちが荒んでしまった時、
ワタシは彼女に、



これがワタシのあなたに対する最後の優しさだと、

レッスンを辞めなさいと、
伝えたことがありました。

今のあなたは壊れた玩具のようで、
そんな今のあなたをワタシは好きじゃない。

と、
胸をナイフで抉るような……そんな思いで、電話口、
言葉を必死に絞り出したことが、、、




そういやあったなぁ~~~~っ!!!!!!





勿論、結局はワタシの想いを彼女は理解してくれて、
気持ちを改め、また彼女らしい1歩を踏み出してくれて、
こうして今があるんだけど、、、
辛い毎日の中、理解してくれてまた着いてきてくれた侑子ちゃんに、ワタシは感謝の気持ちでいっぱいになったんだよね◎




辛い時もほんと一緒だったし、
喜びも一緒に味わった。


こんなに身近に愛しい生徒を感じながら音楽できる日々なんて、簡単には送れない。

ワタシが凄いんじゃ全然なくて、
気持ちを紡いでくれる原田侑子という人間の心の成長が素晴らしいということ。
度量のある歌い手であるということ。



そして、何より彼女はいつも真っ直ぐワタシにぶつかってきてくれるということ。
偽りがあったことは一度もないんです。

そこに関しては、
メティスやワカメ、柔和なんかも共通していて、
そんな人間が結局はワタシの元へやってきてくれてるんですが……笑。

それは当たり前なことじゃなくて、
ワタシに先生としての喜びを与え続けてくれるのはそんな生徒達のお陰であり、
あと、忘れちゃいかん、
コーラス生徒御三家(コジョくん・ミャーギはん・アキ本田)のお陰です。

彼らが居なければワタシは腐ったただのオバハンです。



生徒の存在はワタシを強くしてくれる。
だから、
ワタシは生徒を支え続ける覚悟があるし、
言い辛いとされることであろうが、
正面からぶつかれる。
愛情がそこにはあるから、ぶつかることができるんです。




生徒は家族ではありません。

だから“なんとなく”が通用しない。


“なんとなく”で状況が好転することもなければ、
“なんとなく”で理解し合えることもないわけです。

伝えなきゃ分かんないんです。

同じ釜の飯を食って育ってきた訳でもなく、
同じ母親の腹から産まれてきたわけでもないですから。


“なんとなく”
で済むのは、
毎日を共にしてきた家族か、
大きな組織で毎日働き“なんとなく”で済まさないといけない状況を持ち合わせないと成り立たない空間か、
深い絆を要することのない間柄の人間だけ。


ワタシと生徒との関係は、
どれにも当てはまりません。






自分に正直に、
そして何より対する相手に正直に、
気持ちを伝え紡いだ結果の1つとして、
原田侑子との長きに渡る音楽の日々があり、
その日々が今回のワンマンライブという1つの通過点を作り上げたのだとワタシは確信しています。






そんな彼女の新たな世界の始まりとなる今回のワンマンライブ。
当日、勿論ワタシも会場にて、
侑子ちゃんのメイクをし、
コーラスとしてもステージに立たさせて頂きます。



ワンマンライブならではな企画もご用意し、
侑子ちゃん共々、皆さんのお越しを心からお待ちしています。
是非、心機一転突き進む原田侑子に一目逢いに来て下さいね040.gif


面白くないわけがないですから◎
by voicetomo-on-ami | 2015-04-16 00:53 | 出身在籍アーティストのとある日
<< 結婚記念日。主人が目指すレジェンド。 麦のような女になれ。 >>


カテゴリ
LINK
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧