voiceTOMO Official Blog


voiceTOMO
by voiceTOMO

考えてもキリがない。……けれど。

主人が学生時代にお世話になった先輩にあたる方が、先日突発的な発作でお亡くなりになった。

急なことで主人はとても心を悼めていた。



去年、
身内に不幸があったり、
災害で命を絶たれてしまったり、
自ら命を絶ってしまう、そんな辛い出来事も起こり、
その都度、
落胆し、
命とは、、人間とは、、、と考えてもキリが無いことを考えた。


後悔なく、
自分を思いやってくれる人を大切に、
思いやってくれる人のためにも自分の気持ちを大切に、
無理なく生きてゆきたいと思う。
自分に無理なく生きよう。去年はそう決めて、
辛いという気持ちがどこかであったからか、、、無理することをちょっと辞めてみた。

それでも生きてゆくことは、
時に優しく、
時に残酷なことが起こりうるわけで、
それでも生きてゆけること、
人の死をもってまた確認してしまうこと、
なんだか複雑に感じてしまう。



死んでしまうということは、
当たり前のこの世の生活、環境、人との絆、そういったものを味わえなくなってしまう。

当たり前を失うことの辛さ。。。ましてや突然死に直面してしまったら、、、

悔やんでも悔やみきれないだろう。









今、ワタシは平凡だけれど、幸せな生活を送っている。


然程のストレスもなく、
大好きな人達にいつも囲まれ、
人を想い、人に想われ、この狭いがとてもあたたかいループの輪の中でワタシはぬくぬくと生きている。


こんな生活がずっと続けばいいなぁ。。。そう思っている。



。。。だからこそ、
こういった死を目の当たりにすると、
色々考える。



主人の健康管理もっとちゃんとしないと。とか、
ワタシ自身……もっとがむしゃらに生きるべきなのか……とか、
もっと当たり前にいつも居てくれる人達を大切にしないと!って思う。。。。ことは悪いことじゃないけれど、
死ということだけは、考えても考えてもキリがないことだ。



主人は勿論、
沢山の人から当たり前の様に愛情を頂いている今の生活に感謝しながら、
そんな人達に気持ちをもっと返せるように心で誓って、
主人のお昼ご飯を作って渡して、
c0090535_351456.jpg

自分のお昼ごはんを口にした昼下がりだった。
c0090535_3525965.jpg





人にも自分にも、
ワタシはワタシらしく嘘は付かず自然に接し、また生きてゆきたい。
こんなワタシが好きだと言ってくれる人達のためにも、自分のためにも。
ワタシの替わりもいなけば、
ワタシの大切な人にも誰一人と替わりはいないから。
ね。
by voicetomo-on-ami | 2015-02-21 03:12 | 捧げるコトバ<しあわせぼいす>
<< 嫁入りとモミモミと肌少しずつ。 浮気失敗と浮わつくことなく本気。 >>


カテゴリ
LINK
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧