voiceTOMO Official Blog


voiceTOMO
by voiceTOMO

すんごく珍しくてさ。

主人がワタシの生徒に真剣にお説教みたいなことをしていた。
しかも年上の男のコだ。

飲みの席。

ただ、
主人は一滴もお酒は飲めない。
烏龍茶。素面でだ。



主人は、
そもそも人にあーだこーだと言うタイプではなく、
どっちかって言うと、
生徒にはアタシがあーだこーだと言いながら、主人は横でフォローを入れるといった感じの方がしっくりくる。


ただ、その日は違っていた。


ワタシはそれよりも目の前の料理に夢中だったんだけども……。







主人は人の恋愛に首を突っ込んで「かっこわるい」だの「正直、ムカつく」だの、
らしくない言葉を口にしていて、
ワタシは普段見ない光景に笑っていた。

当の本人は笑ったり黙ったり、
複雑になったりしながら往なしていた。




人の恋愛に説明を加え、状況の把握と確認をし、
己の本心を吐かそうとする。





。。。ん。。。???





なんか、
昔の自分を見ている様だ。





気持ちがあるから、ムカつく。
気持ちがあるから、説得する。駄目出しする。後押しする。



自分だったら、
恋愛で後悔したくないから行動に移すことも、
人によってはその1歩が物凄い難しかったり恥ずかしかったり、プライドが先立ったり、様々なんだよねぇ。。。と、ワタシは思いながら、
こんな人だったけぇ~?結婚すると男は成長するのかしらねぇ~~とも思っていた。





でも、本心でそう言ってくれる人ってとっても貴重である。


本心の云える人間にちゃぁーんと主人はいつの間にかなっていたことが年上女房からしたら、微笑ましかった。


だって、
受け流すこともできるし、
自分には関係無いからと適当な事も言える。


ただ、相手を思って真っ直ぐ向き合ってくれる人が近くに居るなんて幸せなことはないわけで、
しょっちゅうはウザったらしくてイヤだけと(笑)、たまには熱くてもいいと思うんですよ。
気休めに傷を舐められるくらいから、ズバッと本心を言って、前に進めやと背中蹴飛ばすくらいがワタシは気持ち良くて好きですけどね。
蹴飛ばす側になりたいですけどもね。










恋愛かぁ。。。懐かしい感覚だなぁ~~って思うと同時に、
後悔はしたことないなぁ。。。ともワタシは思うんだけど、

奥手な主人でも、
後悔だけはしたくなかったから、
突き放しても突き放しても食らい付いてきたわけで、
食らい付いた結果の今なんであれば、
気持ちっていうものは貫くべきで、
男ならあーだこーだと建前なんかならべず、素直になれってことですかね。

男なら決めないといけないところでは決めなければ!



「キミが説教する日が来るんだねぇ。」と、主人に言うと、


主人は「違うんよ、オレなんかに説教されるようなダサいことをあの人は言うたんよ。」と、熱をぶり返しながら、
ワタシの可愛い男子生徒のことを言っていた。






ワタシの可愛い生徒に。。。






なんてことを。。。。







ほんっとにもう。。。。







その通りだ◎










折角、男として生まれてきたのに、
自分の気持ちに気付いてるのに気付いてない振りしたり、
あと一歩が踏み出せないで臆病でいるなんて、
なんか勿体無いね。






後悔しないための毎日、
後悔するために恋なんてしないんだから、
男らしく堂々と、素直に生きて欲しい。






あーーーー、
主人のいびきが煩くて寝れる気しないんだけども、
睡魔ももんの凄いんでおやすみなさい040.gif
c0090535_3313219.jpg

by voicetomo-on-ami | 2015-01-27 01:58 | 捧げるコトバ<しあわせぼいす>
<< おいら、やっぱヴィンテージもん... 高知と香川のうんまい。 >>


カテゴリ
LINK
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧