voiceTOMO Official Blog


voiceTOMO
by voiceTOMO

目まぐるしく変わる僕達。

今年はワタシも含め、
ワタシのいつも近くに居てくれている人々、
生徒ちゃん達だったり。
目まぐるしく変化のある毎日を送っている人間が多い。



ワタシは、
ワタシらしく生徒の心にちゃんと応えているだろうか?
心を鬼にして口にする言葉は、ちゃんと背中を押せているんだろうか?
色んな事を考えます。




ワタシが心の中で咎める事よりも、
本心を口にすることで、
失敗だってあったし、不足の致すところで上手く伝わらないこともあったけれど、
その反対もあった。
。。。いや寧ろ、反対の方が大いにあった。


そんな失敗と成功の繰り返しで、
ワタシの根本が時間をかけて形成された。
それがある程度カタチになった時に、
本当の意味での生徒ちゃんとの信頼関係を築かせて貰えて、
沢山の生徒ちゃん達がついて来てくれているのだとワタシは思っています。





自分だけが辛いんじゃと思いさんなよ。
あんたが辛ければ、アタシも辛いと思いんさい。

下らんことでイチイチうだうだ言いんさんな。もっと広い視野で物事見んさい。

悲劇のヒロインぶるな。見てて疲れる。

身銭は自分の体を動かして作るもんよ。
要らん知恵ばかりつけんさんな。

人を欺く嘘をつくな。可哀想な人間に自らなるな。

自分のものさしが絶対だと思うな。絶対なんてないからね。

見栄は張るな。滑稽にしか人の目には映らんぞ~。




。。。まぁー思い出しても、
なんとも、偉そうに。。。そんなことを口にした記憶があります。
嫌なヤツです。ホント。


親にもそんなこと言われたことがない。なんて人もいるでしょうし、
お前には言われたくない。とも思うよね。



くぅーーーっ!ムカつく!!。。。ムカつく!!!。。。
。。。んだけど。。。
。。。なんでなんだろ。。。?。。。気持ちが。。。嬉しいんよねぇ。。。


そんな言葉を貰ったり。









ワタシにも勿論、分かります。
言わないで良い物事や必要な嘘。


けれど、ワタシの元に来てくれる人がワタシに対してそれを求めていないことも分かる。


生徒ではないけれど、
主人くんなんて特にそんな中の一人だと思います。
じゃないと、ワタシなんぞを求めることはしない。








音楽だけじゃなく、





そこに本音が欲しい。










今年は凄く可愛がっている生徒を辞めさせたりもした。
本人は辞めたくないと言っているのに。。。

子を持つ親心と凄く似ていると思います。

自分の足で自分で前に進んで欲しい。もう甘えるのは終わり。
誰も得しない。



可愛くて可愛くて堪らないのに、
グッと堪えるのも、
ワタシはもう慣れている。




恋愛にも少し似ているか。。。
ワタシは好きでも、すんなり別れることができる。

お互いのためにならないなら、その関係は必要がないと割り切れる。


なんか、それだけ聞いたらえらいクールでカッコイイ女のようだが、
全然違っていて、
ただ単純に誰も得のないことが好きじゃないだけだ。


得をするなら皆でしたいだけ。





胸が切なくて切なくて苦しい想いは、
恋愛だけでは決してない。


ワタシは間違っているかもしれない。

けれど、
そんなワタシを求めついてきてくれる人が沢山いてくれる。
その皆の苦悩を思うと切なくなったり苦しくなったりワタシだってするんですよ。





そして、
ワタシの「大丈夫。」は、
そんじょそこらの大丈夫。よりも遥かに効力があることをワタシは知っている。


ワタシは大勢の人々を幸せにできずとも、
ワタシにでも幸せにできる人が、間違いなく居る。結構、、、居る 笑。








ワタシは泣かない。
だって泣かせる方が好きだから。

自分のやりたいことを頑張れない人間が、
一体、何を頑張れるというのか。
他の誰かじゃなく、“自分”が誇れる自分になるために、
二十代はがむしゃらになるべきだとワタシは思う。



ワタシはいつも五線紙の中で音を付け、いつもここに居る。イチイチ挫けるなー。肥やしにする方が人生得だ。
c0090535_2492315.jpg

by voicetomo-on-ami | 2014-03-26 02:48 | 捧げるコトバ<しあわせぼいす>
<< 毎週あっちゅーまですね! 原田侑子と若井恵美。 >>


カテゴリ
LINK
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧