voiceTOMO Official Blog


voiceTOMO
by voiceTOMO

良い一日は当たり前の一日。

突然ですが、
今年はまだ発表会ができていない。

焦りがないと言えば嘘になるけれど、
そういうタイミングなんだろうなぁ…と思いながら、
生徒ちゃん達にはごめんちゃい。と、待って頂いている040.gif



。。。こりゃあ、5月だね◎

その日が来る事を一番に楽しみにしているのは間違いなく、ワタシだな 笑。







今年に入って目まぐるしく変わるワタシの景色に、
色んな気持ちになるんだけれど、
かといって、
ワタシの毎日は変わらない。
背負っていた1つのお仕事を肩から下ろすことができて、
心にも時間もにも少し余裕ができたくらい◎



毎日、
寝ても覚めても主人くんが居て、
窓を開け、庭に目をやるとノラ猫ミヤタが餌を待つ。


「はいはいはいはいー。少々お待ちあれー。」



網戸の前で待つミヤタを背に、
冷蔵庫からご飯を取る。
c0090535_475793.jpg


1度も洗われたことのない、きったない彼がワタシと主人くんはえらく愛しい。。。016.gif





そんな愛しいミヤタの話をして反応無く黙ってしまったり、、、

“そんなノラ猫餌付けして…。”
……なんて反応をする人は、勿論周りには居なくて、

それがワタシと主人くんは当たり前に嬉しい。

ご近所さんさえも微笑ましく思って下さっている。実に有り難い◎



ミヤタに逢いたい!と逢いに来たり、
ミヤタの玩具を買ってくれたり(残念ながらノラ猫人生をハードに生き抜いてきた彼は遊ばなかった 笑)、
缶詰をくれたり、
ミヤタはワタシの生徒ちゃん達や家族、友達にかなり人気者なふてぶてしいノラ猫となった◎
ミヤタの画像を求める人も多い 笑。

主人くんもワタシも出張が重なった時は実家の母が餌を与えに来てくれていた 笑。

ミヤタは当たり前、主人くんは母の何の気なしなその行動にえらく喜んでいた 笑。



ミヤタは、
安い餌は食べない。いりこなんて食べにくい物もノーサンキュー。

水?そんなもん飲まない。ミルクを出せよ。


外はサクッと中はトローリなドライフードの上にゼラチンで固めてある鮪や鰹、しらす。これをスープ仕立てにしてある餡をかける。

これが彼の毎食口にする餌。

これがミヤタの定番食だ◎



ノラ猫ではあるが彼は非常に上品に召し上がる。
魚に関しては主人くんより綺麗に食べる◎

魚の食べ方が苦手だった主人くんに、以前、人様の前に出た時に自分が損をするよと、魚の食べ方を口煩く言ったことがある。

餌を食している時に
「ミヤタを見たまえ。」と、主人くんに言い、
そのミヤタの綺麗な食べ方に二人で笑った。
其れほどに美しい食べ姿だ◎




あ……、
たまにミルクをひっくり返して絨毯が酷い有り様になってはいるが 苦笑、
彼は自分のせいだなんて微塵も思ってはいない。。。

ワタシもそんなことにはイラッともこない。


嗚呼……兎に角、笑える。

寝てる時いつも汚ない。あんなに綺麗にご飯食べるのに、ホント汚ない 笑。
c0090535_3554796.jpg

媚は売らない。勿論、オベンチャラは言えない 笑。
それどころか喉に腫瘍の様なモノがあるためか声は一切出ない。
それでもたまにワタシを見て鳴こうする。

そういうところ含めて全て、凄く好き。



ミヤタでLINEのスタンプなんか作ったらワタシの周りの人々は皆200円を注ぎ込み購入するでしょう◎
ファンは今も尚、増殖しているわけです。


だからこそ、
ふてぶてしい彼だけど、
喜んで貰うために美味しい餌を与え続けなければ!




……ミヤタみたいな生き方、してみたいもんだ◎
ふと、思う。



見た目なんか汚なくたっていい。
彼は自分らしく生きている。

声が出なくても、今日も明日もいつものようにワタシを呼ぶ。
ワタシはその声にならない彼の声にいつものように気付く。

愛だねぇ~♪









……最後に言っておきますが、

でもワタシ、

猫より断然、

犬派です 笑。もんのすごく忠実だからね◎
c0090535_4511524.jpg



おやすみなさい~072.gif
by voicetomo-on-ami | 2014-02-25 03:08 | 捧げるコトバ<しあわせぼいす>
<< 母、71歳。 マオちゃん。 >>


カテゴリ
LINK
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧