voiceTOMO Official Blog


voiceTOMO
by voiceTOMO

サッシとアキちん。

今日も生徒ちゃんとの時間満喫やったなぁ~016.gifお晩っ!ボイストモです040.gif





何かと心配して下さるロリコン兄貴と、友達の様に仲良しなお嫁・アキちんに誘われて、

先日、大好きなザイクさんのお店に夜ごはんを食べに参りました035.gif









                 勿論、ワタシの大好物011.gif・・・も一緒や、アサヒぃ~053.gif
c0090535_3164594.jpg













定期的に三男夫婦とは会うようにはしていますが、

今回はちょっとあいた様に思います。・・・・んが、緩い人間の集まりは、やっぱほのぼの楽しい032.gif
c0090535_323945.jpg
c0090535_3231039.jpg












          
                      ザイクのママ様の作る美味しい料理を囲めば、
c0090535_3244470.jpg

              そりゃそりゃ、余計にも話は弾むし、幸せな空間にもなりますわい045.gif







c0090535_326998.jpg
c0090535_3263188.jpg
c0090535_3264486.jpg
c0090535_327439.jpg
c0090535_3271837.jpg
c0090535_327313.jpg

                                  ↑ このプレート、ワタシのタイプ過ぎたぁ011.gif053.gif






話が弾み、夜が更けると大人の時間には、アサちゃん、、、シュールに放置プレイ・・・(笑)。
c0090535_332428.jpg

                                 ・・・・じゃなくて、イイ子におねんねです014.gif











今日は少し、サッシ氏のことを書きたいと思います。





ワタシを理解し、口には出さない心の中を知り尽くしている人が唯一、お一人おります。





                  



                          ・・・実は、それがサッシ氏。
c0090535_340268.jpg








そして、7つ離れているのに、

どっちが兄か姉か分からなくなるくらい世話の焼ける人ではありますが(苦笑)、

この人の持つ愛情とは測り知れません。




この日も色んな事を喋りましたが、

この人の話は盛りも嘘も無く、いつも等身大。

見た目のまんまです。

だから居心地が良いというか、

意志疎通が意図も簡単にできていて、

又、逆にサッシ氏から見たワタシも同じなんだと分かります。



・・・だって手に取るようにサッシ氏の心の中の事、見てるだけで分かりますもん(笑)。





そんな事、思ったり考えたりした事もなかったんですが、

ここ1年くらい前にね、

そんなことにふと気付きました(笑)。








ヘアーサロンを営む彼は、

元々、広島の中心部でスタッフを何人も抱え、

広いキャパで、高額な家賃を納めながら10年、割かし大きく頑張っていました。




でもある日、

工場の機械の様に休みなく、人様の髪を切ってゆく事が辛くなった。


でも、廻さないと、スタッフ達のお給料や家賃、材料費は払えない。


けれども、これが自分にとって果たしてやりたい事だったか・・・。


自問自答の日々を繰り返していた事、

いつも話を聞き、近くで見てきたワタシは昨日のことの様に簡単に想い出せます。



「俺もオマエみたいに1対1で店をやりたい。このままだとこの仕事が嫌になってしまうわ。」

そう言って、大きな店はたたみ、

中心部から少し外れた場所で、静かに、小さく、等身大な店を出した。




彼らしい名前に内装だと、サッシを知る人達は声を揃えて口にしたけれど、


お店を借りる家賃交渉はワタシがし、

店の名前はワタシが付け、内装もかなり口出しした。

・・・というか、いちいちワタシに彼が委ねてきた(笑)。

でも、

彼は新しい小さな店でとてもイキイキした顔をするワケです。


1対1の丁寧な接客が彼には向いている。







妹が云うのも気持ち悪いですが、

彼の技術云々よりも、

彼の人柄に御客さんは足を運んで下さっていることが客観的に見ていて分かります。


一見さんお断りな彼の店はいつも予約でいっぱいで、

ワタシの頭はいつまでたってもプリン状態から抜け出せていません・・・026.gif




でも、

小さくも忙しなく働き、お客さんに求められる彼を見ていると、

自分の目指すモノが結局は彼と非常に似ている事に気付くんです。





そりゃそうです。サッシはワタシに言いましたもん。

「オマエみたいに・・・・。」と。




・・・・イイ歳してワタシにベッタリでコヤツ気持ち悪いなぁ・・・と若干思う時期もございましたが(笑)、

彼はいつの間にか、

ワタシが口にせずともワタシを理解する、最大の理解者となっていました。



そしてまた、サッシを知るワタシの生徒ちゃん方は、

サトシさん好きじゃわと云うてくれる方が多い。




「何でっ?!」・・・と、聞き返すと、

「だって、トモさんと同じじゃん(笑)。」

              ・・・と返されたり・・・026.gif一緒にして・・・欲しくはないが・・・026.gif












サッシ氏から、

感謝の気持ちを述べられることはよくありますが、

まさか、自分が彼に感謝の気持ちを抱くようになる日が来るとは・・・・ワタシも年を取りました(笑)。



そして、感謝と云えば、アキちん。

この人、いつも御礼ばっか言っています045.gifそして、いつも笑顔で邪気が全くありません。



                       この日もプレゼントをくれました。
c0090535_4383525.jpg
c0090535_4383063.jpg

                            ・・・・ルームウェアと、





                        メッセージカードとコースター053.gif
c0090535_515789.jpg

        ・・・このコースター、なんとアキちんの手作り012.gifしかもワタシとウチの人の顔だそうです!!


018.gif「これピンクがトモちゃんでねぇ、黄緑がマオちゃん。」と、アキちんは言うたけど、


046.gif「コレ、どう見てもピンクがマオで、黄緑がアタシやろ~?(笑)」と、突っ込みました◎




           
                        因みに、、、、、、。
c0090535_448692.jpg

         手前左がアキちん・真ん中アサちゃん・右がサッシ氏、後ろは誰でも無いそうです。





                 ・・・・てか、サッシ氏・・・ガチ似ている・・・(笑)。
c0090535_4543265.jpg







ホント、いつも色々気に掛けてくれて有難いのーーーーう。。。とシミジミ思いながら、

ウチの人と2人、堂々とザイク様の夜ごはんを兄にゴチって貰った素敵過ぎた夜・・・・072.gif



又、ザイク様での夜ごはん会へのお誘い、待っております071.gif053.gif071.gif








          ・・・・ということで、今日は長々書いたぁーーー042.gifおやすみなさい032.gif
c0090535_4592663.jpg





明日も頑張るぜ~っ066.gif
by voiceTOMO-on-ami | 2012-07-27 03:27 | voice偉大なる食文化
<< 御機嫌麗しゅう、ボイストモです。 日々は巡っているのだと毎日実感です。 >>


カテゴリ
LINK
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧