voiceTOMO Official Blog


voiceTOMO
by voiceTOMO

戦争は病だ。

今年の8月6日も、暑い暑い一日になりそうですね。
c0090535_2521693.jpg

先程、仕事から歩いて帰宅中、
耳から離れぬ蝉の鳴く音が、ジリジリ・・・ジリジリ・・・と平和大通りに沢山木霊していた。








今年は久々にOn amiのオリジナル曲「被爆柳と私」を唄わせて頂ける機会があり、

すごく・・・すごく光栄に思いました。




広島の人々の願い事として、

大好きなMCアーさんとクレマのチカちゃんのユースト番組「カフェと女ゴコロ」vo.l 4でその機会を先月戴けました。
c0090535_2595398.jpg


アーさんに、この歌を唄っていいか?と、聞いた時、

間髪入れずに「勿論、いいよ!!」と言ってくれた。



迷いの中で口にした言葉だったから、

アーさんの即答がすごく嬉しかったことを、今想い出しています。



私は歳の分、色々とライブの場を頂戴し、今まで唄わせて頂いてきましたが、

その動画をyoutube等でアップしたことはありません。


             ・・・なんか気が乗らなくて。・・・という簡単な理由です。



ですが、

アーさんの番組だからこそ、そこはカタチに残るモノを。・・・と思い、

お粗末さまではございますが、

アーさんの番組を観て頂いた方の耳と心にちょっとでも残る音楽であれば。

                                 ・・・と、唄わせて頂いた次第です。





「被爆柳と私」
作詞・作曲 voiceTOMO
編曲 山本優一郎


①この小さな島国に生まれ
私はこの土地で育ってきた
この小さな島国に生まれ
自然や愛に無限を感じた

でも今
人は皆、
食すること・着ること・遊ぶことに憂き身をやつし
大切な「何か」を忘れてはいないでしょうか?

この広島で母幼き頃
勇ましく男の人達は
「燈籠の斧」を振りかざして
明日への希望を自らの命にかえた


世間と人とは決して離れた存在じゃない
世の中が変われば人も変わると被爆柳は呟いた
…そう思った…




②水の都 広島に生まれたこと
私は誇りに思う
緑の都 広島で育ち
人を愛し、思いやることを知り
愛するこの街で起こった「戦争」という病を知った

血や涙を幾度流せば
この病は治るというのでしょうか?


世間と人とは決して離れた存在じゃない
世の中が変われば人も変わると被爆柳は呟いた
…心に沁みた…



広島に棲む人々に
世の中に生を受けた人々に
命の尊さ 戦のおぞましさを心に刻んで欲しい
皆、平等にあたたかい光が射し込んでくれたなら…



世間と人とは決して離れた存在じゃない
世の中が変われば人も変わると被爆柳は叫んだ

ここ広島で起きた現実、忘れないで
被爆柳と私は願う 祈りを込めて


この青雲の空がどこまでも続くように
明日への希望は笑顔にかえて…










c0090535_374067.jpg

                        ・・・浴衣着て唄うと演歌歌手な気分でした・・・・。



           ・・・後ろに居る人は黒子じゃなく、相方の山本優一郎のとっつぁんです。







良かったら、まだ観たことないって方は、

「カフェと女ゴコロ」で検索して覗いてみて下さいね。
by voicetomo-on-ami | 2011-08-06 03:10 | 捧げるコトバ<しあわせぼいす>
<< わたし、泳ぎません。・・・&お... キミがいるから頑張れる。・・・... >>


カテゴリ
LINK
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧